心と身体のトータルケア「エスプリ・リーブレ」へようこそ!

体験講座

水晶(浄化)ブレスレット製作体験会



★ パワーストーンブレスレットがほしかった
★ パワーストーンブレスレットを作ってみたい
★ パワーストーンは初めてだから、まずは気軽にためしてみたい
★ パワーストーンってどうやって選んでどこで手に入れるの
★ 水晶(浄化)のブレスレットは必須よね


そんな思いをすべてかなえちゃう会を開催していますうききらきら輝く水晶で、皆さんのきらきら輝く毎日を応援したい!という想いで企画いたしました。

水晶とは・・・

気の出口である右手に身につけると、ストレスやネガティブな感情をきれいに洗い流してくれます。

気の入口である左手に身につけると、全体運をアップさせ、新しい流れをつくるサポートをしてくれます。

私たちカウンセラーも、右手には水晶のみの浄化ブレスレットを毎日するくらい大切な必須ブレスレットです。

どんな方でも身につけやすいエネルギーなので、パワーストーンを初めてお持ちになる方からパワーストーン大好きですという上級者の方まで、しっかりサポートをしてくれる頼もしいストーンです。

制作キットを使ってブレスレット制作の体験をしていただき、そのまま身につけてお帰りいただけるので可愛さも倍増します。

このブレスレットを制作します。 
10mmサイズをポイントにし、8mmと6mmサイズの水晶を組み合わせています。
きらきらカット水晶を入れたり、ストーンを大きくするカスタマイズも可能です。
画像の説明

【日時】 平日昼・平日夜・土日祝のご希望をお知らせください。
      メールにて候補日をご案内いたします。

男性のお客様は、参加人数が2名以上での開催とさせていただいておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

【場所】 エスプリ・リーブレ
       地下鉄長町一丁目 南2出口 徒歩30秒

【参加費】 3,000円 (税込3,240円)
       ※カスタマイズをご希望の場合、別途ストーン代がかかります。

お申込みはこちらからお願いします→お申し込みフォーム

守護石を使ったブレスレット製作体験会

守護石とは、一生を通じてあなたをサポートしてくれるパワーストーンです。

誕生日から算出する軌道数によって決まります。
生まれた日は生涯変わらないので、大切なお守りとなります。

画像の説明

画像は、【軌道数9 アクアマリン】と、【軌道数4 スモーキークォーツ】のブレスレットです。

軌道数は1~9、11,22の11個いっぽん

それぞれに応じたパワーストーンが守護石です。

【軌道数の導き方】

  生年月日を一けたになるまで足していきます。

  1979年10月06日生まれなら、
  1+9+7+9+1+0+0+6=33
  3+3=6
  ⇒軌道数6(ブルーレースアゲート)

  計算結果が11、22になった場合は、それ以上足さないこと。

守護石

 軌道数1 タイガーアイ
 軌道数2 アメジスト
 軌道数3 カーネリアン
 軌道数4 スモーキークォーツ
 軌道数5 ルチルクォーツ
 軌道数6 ブルーレースアゲート
 軌道数7 オニキス
 軌道数8 ガーネット
 軌道数9 アクアマリン
 軌道数11 ラブラドライト
 軌道数22 ジェダイド(翡翠)

あなたの守護石、大切な人の守護石はどれでしたか?


【日時】 平日昼・平日夜・土日祝のご希望をお知らせください。
      メールにて候補日をご案内いたします。
男性のお客様は、参加人数が2名以上での開催とさせていただいておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

【場所】 エスプリ・リーブレ
       地下鉄長町一丁目 南2出口 徒歩30秒
【参加費】 5400円(税込)
       ※カスタマイズをご希望の場合、別途ストーン代がかかります。

お申し込みはこちらから→お申し込みフォーム

ご体験いただいた方へ



パワーストーンカウンセラー協会よりプレゼントがご用意されています

体験後、アンケートにお答えいただくと・・・・

パワーストーン使いこなし辞典』プレゼント

使いこなし辞典
画像の説明

こちらは、パワーストーンカウンセラー協会の教科書にもなっている本です。
この企画に驚いてしまいましたが、パワーストーンを正しく効果的に活用していただきたいという思いをどうぞお受け取りください手

お申込みはこちらからお願いします →お申し込みフォーム

きらきら輝く皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional